B64「ジュワルクール」

B64「ジュワルクール」毎月届く「右脳開発」という冊子の巻頭記事に「魂を磨く時代が来た」というお話が載っていて、その出だしがいきなり、 「ここに、ジュアル・クールの預言があります。」で始まっていました。 えっ!! とびっくりしました。

ジュアル・クールとはB64番のマスター・ボトルのひとつです。 このB50から始まる世界のマスター(賢者)たちのシリーズに冠された名前には私はほとんど聞き覚えのあるものはなく、勝手にずいぶん昔の人たちなのだろうな、と思っていました。 でも、この記事を読んで、ジュアル・クールがさして昔の人ではなかったことがわかり、少し意外なのと少し身近に感じられたのとで、今日はB64「ジュアル・クール」のご紹介です。

まずは、その「右脳開発」の記事よりジュアル・クールに関する部分をそのまま抜書きさせていただきます。 「魂の意識による新しい文明が生まれる。やがて、魂の文化が生まれるときが来るであろう。現在の教育法を越え、人間が本来持っている、右脳の力を発達させるということが、地球上のいたるところで広まる、そういう時代がくるであろう。私たち人間は、魂の意識としての存在である。魂の持っている力が目覚める。

教育体系が変化する必要がある。今までの教育は左脳の教育であり、右脳は無視されてきた。右脳の教育こそ魂の発達に必要であり、内なる聴覚、直観力、テレパシーを育てることこそ重要である。右脳教育が魂の文化を創るうえで重要となる。」 ジュアル・クールはこのように、新しい時代の到来を示しています。・・・と記事にはあります。

私たちはみなハートに正12面体のエメラルドを持っているといわれます。それは複雑な形の「プラトンの立体」で、この正12面体の一つ一つの面が世の中に向けての扉、あるいは窓になっているそうです。 わたしたちはハートのなかでたくさんの出会いをするというたくさんの可能性を持っているわけですね。 しかし、それが見つかるかどうかは気にかけない。探求だけで十分なのだ、とマイク・ブースは言います。ここでは答えを得ることではなく、求めることに重点が置かれています。 ジュワル・クールは探求者たちのマスターなんだそうです。 マイク・ブースはここでも、「旅それ自体がゴールなのです。」と語っています。 これはB74「トライアンフ」のアファメーションです。 この言葉にぶち当たったとき、私はまたしても「あ! つながった・・」と思いました。私がボトルの順番を無視してきまぐれに解説しているのは、文字通りいきあたりばったりです。今回も、たまたま「右脳開発」にジュワル・クールが紹介されていたからにすぎません。そこで1本前に紹介したB74のアファメーションにまた出会うとは、偶然とは思えません。

マイク・ブースは続けます。 「ジュワル・クールはまた占星術、星とその理解にも関係しています。私たちがエメラルドのハートを開くとき、それは他の知的存在・・・それを地球外生物、天使、他次元の生物、ハイアーセルフ、なんと呼んでもいいのですが・・・にも向けて開いていくのです。ジュワル・クールは星の知的存在と関係しています。太陽の向こうにある太陽、あなたが見つめる星の一つ一つにはペルシアンブルーの天蓋の1つの針穴にすぎません。そして、その向こうには唯一純粋な光があって、この針穴を通して星が地球に向かって輝いているのです。はるか宇宙を覗き込むと、そこにはさらに多くの星があるのです。」と。

この上がグリーンで下がクリアのボトルはひたすら「ハートを開く」ことと「真理を探究すること」を表わし、私たちをそこへ導きます。 上部のグリーンという色が表わすものも「真理とバランス」です。 ハートを十分に開けば幸福を感じるだけでなく、傷つくこともあるかもしれません。しかし、それでもハートを開かないより良かったと言えるようになっているでしょう。ハートを開いたことにより人生に変化をもたらす可能性に接することができただけでもありがたい、と思えるようになっていることでしょう。 そんなふうに思えるようになるときには、きっと私たちに生まれつき備わっている安定性がバランスをとってくれるはずだから。 そんなことをこのボトルは表わしているように思います。

ふたたび「右脳開発」からですが、ジュワル・クールのいう魂の文明は実はすでに1990年ごろから始まっている、といいます。 なぜなら右脳は近年まで働きがよく解明されていない脳だったのを1981年、カリフォルニア工科大学のロジャー・スペリー教授が解明し、ノーベル生理学・医学賞を受賞したことにより、一気に右脳の働きを知ることになったからです。 それから書店にいけばどこにでも右脳や潜在意識に関する本が目に付くようになり、「右脳、右脳」と世間がさわぎはじめたようです。 右脳の機能、働きやどうすれば右脳が活性化するかなどは近年においてはずいぶんわかってきました。

人間の意識は大きくわけて潜在意識と顕在意識に区別されますが、21世紀は全ての人が潜在意識に達することが容易に出来るようになった時代だといえます。そしてまた潜在意識が宇宙意識とつながることができるものです。 私たちの身体は物質的側面のほかに、エネルギー的な側面をもちます。このエネルギーは個人を超えて、1つにつながっているのです。ですから、宇宙意識と一体になると宇宙意識のエネルギーを自由に使えるようになるのです。

潜在意識とつながることが大切だ、と言ったジュワル・クール。 これはB64だけに限らず、オーラソーマ全体のシステムのテーマでもあります。 そう考えると、この下層部が果てしなく無限の可能性をひめたクリアでエメラルドグリーンを支えているのがわかりますし、このマスターボトルたちがイクイリブリアムボトル全107本のうち、50番~64番というちょうど真ん中あたりでデンと構えているのも納得できるような気がします。

B64「ジュワル・クール」。 「わたしがその道だ、聴いて従う。」
アファメーションは、「真理は私を通して私にやてきます。私は大地を感じ、大地の真理は私のハートを通じて自らを表現します。」
またこのボトルは怒りや恐れが身体に作り出した毒の解放、つまり解毒作用にも役立ちます。

>> ボトルのメッセージへ戻る