B34「ヴィーナスの誕生」

B34「ヴィーナスの誕生」このボトルの名前は「ヴィーナスの誕生」と言います。 とても美しい名前ですね。 コンサルテーションで、このボトルを選ばれた人に、「このボトルの名前は・・」と明かすと、「きゃあ、そうなの!」ととても嬉しそうです。 まだ何もそのボトルからのメッセージをお伝えしていない段階でも、とてもハッピーなメッセージが聞けたかのように嬉しそうです。 そして、ワークするボトル、ボトルペンダントとして選ぶ品番としても人気が高いものの1つです。 人ってやっぱり、"美しいもの"が本能的に好きなんだなぁ、と思うときです。

ヴィーナスの誕生 オーラソーマさて、「ヴィーナスの誕生」という名前を聞いて思い浮かぶのは、誰しもがヴォッテイチェリの名画「ヴィーナスの誕生」でしょう。あの、貝殻のなかから誕生した女性の裸体・・ あれですね。 左からは、風の精がヴィーナスの誕生を助けています。 これは、ヴィーナスの誕生は水と風からつくられることを意味しています。

美しいものの誕生、生命の誕生に"水"が必須アイテムであることは説明を待たなくてもいいように思いますが、"風"も必須アイテムであることにちょっと私は驚きました。 風は何を表すのだろう・・? 風は「そよそよ」の場合もあれば、「ぴゅ-ぴゅ-」の場合もあります。 それによって水面は、さざなみが立つ程度であったり、大きな波を起こすほどであったりします。

4元素の世界では、水は「感情の世界」(エモーショナル)をあらわし、風は「精神の世界」(メンタル)をあらわします。 感情は精神に左右される、ということでしょうか。 逆に言うと、精神が穏やかで荒れることがなければ、感情も常に一定しているということになります。 ただ、ここが難しいところですが、では、まったく"風"が吹かなければいいのか、というとそうでもなさそうだ、ということです。

まったく感情が動かされることなく過ぎてゆく、という日々に皆さんなら耐えられますか? 私なら耐えられません。 悲しみであってもいいから、私の感情を誰か動かして!と思ってしまうことでしょう。 実際、このヴォッティチェリの絵画でも、風が後押しすることによって美しいヴィーナスが産みの苦しみから誕生しているわけです。

結局、精神(メンタル)が安定していて強い、ということは大切だけれど、それによって何も感情を動かされないのも何も美しいものを産み出さないのだよ、という示唆がこの絵にはあるような気がします。 そして、B34のボトルにも・・ ボトル自体は、ターコイズの海から現れる女性的なピンクのエネルギーを現しています。 そこに"風"という、たぶん、「クリア」のエネルギーが加わることによって、ハートのクリエイティブな側面にさらに光を当てている、ということになるのでしょう。

そして、私はこのヴォッティチェリの「ヴィーナスの誕生」が描かれた時代背景にもうひとつ、感じることがありました。 作者であるヴォッティチェリは、イタリアのメディチ家のロレンツォと個人的にも親しかったようです。 イタリアのメディチ家といえば、教科書にも出てくるくらい、ルネッサンス期絶頂のなか、莫大な財産を築いた一大勢力の一族ですよね。 ローマのシスト4世は、そんなメディチ家の勢いに恐れを抱き、陰謀を働かせ、メディチ家をつぶそうとします。 そして、1476年の復活祭(ミサ)の日に、サンタマリア大聖堂で、メディチ家のロレンツォとその兄弟に刺客が襲います。ロレンツォは深手を負いながらも逃げのびることができましたが、兄弟は抵抗もむなしく殺されてしまいます。そして、その恋人も・・ ヴォッティチェリは生きる意味をなくし嘆き悲しむロレンツォに、自分の思いを少しでも早く知らせようとこの「ヴィーナスの誕生」を描いたのです。

そしてこの絵を見たロレンツォはいたく感激し、再び勇気を奮い立たせます。 シスト4世はナポリと手を組んで、フィレンツェのメディチ家の息の根を完全にとめようとしていたのですが、それを知ったロレンツォは、単身ナポリへと向かい、ナポリ王と面会します。 そしてナポリ王は、ロレンツォの勇気と熱意に心を揺さぶられ、シスト4世との同盟を破棄します。そしてフィレンツェを囲っていたナポリ軍を引き上げさせたのです。 いわば、この「ヴィーナスの誕生」という1枚の絵がフィレンツェを救ったのです。

この絵はキャンバス地に描かれたテンペラで、下の方を良く見ると、キャンバスを継ぎ足した跡が見えるそうです。 フィレンツェを救うために、なりふりかまわず、大作に取り組み、足りなくなったら、足せばいいんだ、と急いだヴォッティチェリの様子がうかがえます。

この逸話を知り、私は、「美しいもの、きれいなもの」は、大きな世の中の動乱さえ救うことがあるのだ、ということに感動しました。 美しいものやきれいなものは、金持ちの道楽なんかじゃない。 誰の心をも動かし、庶民をも救う。 美しいものやきれいなものは、ただそこにあるだけでいい。 存在するだけで人々を救う。 そのことにただただ、感動したのです。

ですから、B34「ヴィーナスの誕生」を選んで、「とてもきれいなボトルでしょう。美しいものが大好きなんですね。」と言われたら、自信を持ってくださいね。 そりゃあ、美しいものやきれいなものは大好きだけれど、それが、私の人生をこれからどうしてくれるっていうの・・?  それはただの趣味だもの・・ いえいえ、そんなことはありませんよ。 美しいもの、きれいなものが大好きなあなたも、それだけで、存在するだけで、きっと誰かをまた感動させているに違いないのです。

B34「ヴィーナスの誕生」。 「人生と愛に隠れた神秘にアクセスする。」 キーノートは、「美につながる、存在の感じる側面から自己受容を通して、自分自身のなかにある美につながる。」 アファメーションは、「私は自分自身の内側にある美を理解します。私はどこにいようとも、自分自身を受け容れようとする温かさと配慮をもって自らをはぐくみます。」 特項として、

  • *ドリームワークに役立つ。
  • *おびえているこどもを落ち着かせる。
  • *女性性、男性性のバランスをとり、愛せるように導く。
  • *過去の痛みを解き放ち、歓びをもたらす。
  • *成長期の手足の痛み(成長痛)をサポートする。

もし、今あなたが、人生において何度も失望を味わいながら、そこから自分が何も学んでいないのではないか、自分をいつも安売りしているのではないか、という漠然とした不安のなかにいたり、現実から目をそらせているがために自分を見失っているのではないか、ということに気付いているなら、ぜひ、このB34「ヴィーナスの誕生」とワークしてみてはいかがでしょう。 何が起ころうとも、自分の道をそれずに歩むことの意味に気付くかもしれません。

>> ボトルのメッセージへ戻る