B13「チェンジ・イン・ザ・ニューイーオン」

B13「チェンジ・イン・ザ・ニューイーオン」このボトルは上部がクリア、下部がグリーンです。 B11~B15まで全部、上部がクリアのボトルが続きます。 そしてそれらはすべて「~イン・ザ・ニューイーオン」、つまり「新しい時代における~」という名前がついています。

クリアという色は、「可能性」を表しますから、それがひいては「新しい時代における~」となるのはわかるとしても、私はこのグリーンという色が、このボトルにおいては「変化」と名づけられているのがよくわかりませんでした。 そこでいつものように「新・ネーミング・オブ・ザ・ボトル」を紐解いてみますると・・

冒頭にいきなりこうありました。 『グリーンは、方向性、決定する、そして時間とスペースの理解(今ここにいる可能性)に関連します。この質のどれもが私たちを変化の可能性に導くことができます。』 そうか! グリーンには「方向性」という意味も、「決定する」という意味も、「時間とスペースの理解」という意味もあることはわかっていましたが、時間とスペースの理解がひいては「今ここにいる可能性」ということは忘れていましたぁ! だから、それらは皆、変化を示唆することになるのかぁ!

これで納得。
また、このボトルが対応しているタロットカードは「死」(Death)です。 「新・ネーミング・オブ・ザ・ボトル」にはこう書いてあります。 「どんな変化が起こる前にも、私たちは過去に死ぬ必要があります。そうすれば新しいものが生まれてくるのです。・・(中略)・・終わりがあるたびに、そこには新しい始まりがあります。そして私たちは誰もがこれを覚えていることが重要です。死は変化のパワフルなシンボルです。なぜなら死はある状態から別のものへのシフトとしてはっきりしているからです。」

「死」なんて言われるとびびっちゃいますよね。 でもこれはひとつの状態から別の状態への変化のことであり、決して恐ろしいことでも悪いメッセージでも何でもありません。

タロットカードには、死ぬ間際に吐いた息から新しい再生する自分が描かれています。それは自分の守護天使かなにかに導かれるようにして、吐いた息の部分が天使の羽根のようになっています。 そして変容のシンボルである蝶々と、意識の御者である象徴の馬が描かれています。

オーラソーマではよく、「吐く息とともにすべてを手放しなさい。」と言われます。しかし、「死」は「手放す」こと以上にもっと強烈に終わらせる感じがします。手放したものはまだそこいらに置いておいてもよさそうな感じがしますが、死は完全に葬りなさい、ということですよね。 しかもそれをすべて憶えていることが重要とは、これ、いかに?

タロットカードでも、よく見ると、横たわっている人の右上に、それをじっと見ている顔が描かれています。一見、キリストのようにも見えます。 何を死なせたか、を憶えていることによって、私たちは、全く同じ道を歩むことがないように導かれているのかもしれません。 吐いた息がどこに行ったのか、目では見えませんが、わかるようにしようとビニール袋のなかの空気を吸って吐いてを繰り返していたら、袋のなかは二酸化炭素だらけになってしまって、窒息してしまうのと同じように、しっかりと何を死なせたのかを見据えていないと同じ過ちを繰り返してしまいますよ、ということかもしれません。

そのようにして私たちは、長く細い1本道だけれど、確実に山を登っていくのでしょう。 タロットにも一見吐いた息と同じか、と見間違えるように細い1本道が描かれています。

そして私は「新・ネーミング・オブ・ザ・ボトル」に書かれていたこの言葉がやけに気に入っています。 「変化だけが唯一の不変である。」

人にもこういう方がいらっしゃいますよね。 常に新しいもの、新しいもの、生活に変化、変化ばかりを追い求めているような人・・ ようやく落ち着いたかな、と思うと、また次に移っていってしまう。 しかし、それこそが「不変」であり、最もその人をよく表しているのかもしれません。 このボトルのサブネームが「ハートの悟り」ですが、悟りとは「物事の真の意味を知ること」です。 変化を求め続けているように見えても、ぶれずにちゃんと真ん中に1本芯を据えたものがあるように思われる・・ まるで背骨を中心に金魚運動をしているように・・ それは、ハートが悟りを得ているからかもしれません。

B13「チェンジ・イン・ザ・ニューイーオン」。 「人生の感情的側面を照らす。」 アファメーションは、「手放していくほど、私は新しいものに開いていきます。」
特項として、

  • *すべてのレベルの「変身」に関係する。
  • *胸部の疾患を緩和。
  • *背中の痛みを緩和。
  • *湿疹を緩和。
  • *喘息(とくにこどもの)を緩和。

もしあなたが今、ネガティブなパターンにとらわれ、過去から自分を解き放てない、と思っているなら、このボトルとワークしてみるとよいかもしれません。 恐れを脱ぎ捨て、新しい始まりに向かって前進できるようになるかもしれません。

>> ボトルのメッセージへ戻る