岐阜市、市役所近く(岐阜駅からバスで5分、歩いて15分)のセラピーサロンです。 「心と身体のオーバーホール」のお手伝いいたします。

セッションを受けずにクイントエッセンスを使う

ポマンダーもクイントエッセンスもどちらも、私たちの肉体のさらに外側に存在しているフィールドに働きかけるものです。それはサトルボディ(微細体)と呼ばれています。

私たちの体の外側にはハリネズミの体毛のようなアンテナがそれぞれのチャクラから外側に向けて放射状に出ているらしいのですが、それが健康な状態だとピン、シャン!と立っています。まさにハリネズミが怒って相手を威嚇するときみたいですね。

しかし、疲れていたり、精神的に落ち込んでいたりすることがあると、それらのアンテナがへたり、かけそこなったパーマのようにもつれあってしまっているらしいのです。何だか不調を感じるけれど、病院に行って検査を受けると何も悪いところはない、という結果が出る、という人はこういう状態なのかもしれません。

そこで、ポマンダーやクイントエッセンスの香りをかぐと瞬時にしてこのアンテナがピン、シャン!と張る、と言われています。

いわば、ポマンダーもクイントエッセンスも私たちの目に見えない肉体の外側の、エネルギーフィールドを保護してくれるものなのです。ポマンダーが保護の色合いが濃いのに比べて、クイントエッセンスは、私たちの内側に潜むその人の最も良い特質をより表に引き出すための役割がある、と言われています。ポマンダーがディフェンス、クイントエッセンスがオフェンスという感じでしょうか。

だから、ボトルをお使いの方は、このポマンダーとクイントエッセンスも同時に使うとより気付きが高まります。コンサルテーションを受けずに、ボトルとワークされている場合は、そのボトルの下の色を参考にそれと同じ色のポマンダー、クイントエッセンスをお選びになるのがよいでしょう。

クイントエッセンスはすべてマスターボトルに対応したマスター(高次元のことを私たち人間に教えてくれる師のような存在)たちの名前がついています。つまり、各クイントエッセンスについた名前のマスターは、それぞれボトルにもその名前がついたボトルがあります。各マスターがどんな存在であったかは、「ボトルのメッセージ」のなかから、各マスターの名前を選び、お読み下さい。

ボトルとの対応にとらわれずにクイントエッセンスをお使いになってももちろん構いません。それぞれのクイントエッセンスにはそれぞれの働きがありますから、それを参考にクイントエッセンスをお選びください。(※ 使い方については、お求めになられた方に資料を差し上げます。)

クイントエッセンスのご紹介

↑⇑ Topへ戻る