サファイヤブルーのポマンダー

サファイヤブルー ポマンダーブルーにはロイヤルブルーとサファイヤブルーがあります。あと、ターコイズもブルーの仲間に入れるとするならば、3種類ものブルー系のポマンダーがあるわけです。重要な色みたいですね~ ブルー。

ブルーはこの世に一番最初に生まれた色だといいます。空の青、海の青・・・。宇宙に行った人が必ず「地球のあまりの青さに感動し、あのブルーを守らなくては、という気持ちになった。」と発言するところを見ると、澄んだブルーというのは純粋さや清潔さをあらわし、守らなくては、という気持ちになるとともに、人は本能的にブルーが一番最初に存在した色だということを知っていたがゆえにその大切さをDNAが知っているのかもしれません。英語で、マリアズ・ガウンと言えば聖母マリア様のガウンの色のことで、それは地球を包み込む青とも言われています。

一番最初に生まれた色、と言うことで言えば、俗に「青写真」と言いますね。計画が大体描けた段階のことを「青写真ができた」などというように使います。青写真・・ 英語で言えば、「ブルー・プリント」です。そして、ブルー・プリントと言えば私たちのアカシック・レコードのことです。アカシック・レコードとは、私たちがまだ魂の段階のとき、「いいか、お前は今度人間界に生まれるに当たって、こういう人生になるのだぞ。」と一度その計画を見せられる、記録されているレコーダーのようなものだと言います。そのとき魂の私たちは、「わかりました。」と納得し、自分の使命を確認します。しかし、オギャアと肉体を持って生まれた瞬間からそのことは忘れてしまうのですが。

つまり、私たちは本当にやりたい、と思っていることは魂の段階のときにすでにわかっている、ということです。そしてそのことは天とつながっている、という自己信頼のもとに、生まれてからもう一度ブループリントの旅をたどります。これがゆえにブルーには"信頼"という大きな意味があります。

そしてそんなブルーのなかでも今日は、サファイヤブルーのポマンダーのご紹介です。オーラソーマではいつも授業の最初に瞑想を行いますが、その際、「サファイヤブルーの球体に包まれて・・」と言います。大きな"計画"のなかで自分を確認し、"信頼"し、自分は守られているのだから大丈夫、という感覚を味わいます。だからなのでしょうか、私はこのサファイヤブルーのポマンダーの香りとエルモリヤのクイントエッセンスの香りをかぐといつも「懐かしい」という気持ちになるのです。非常に「ベイビィ」な気持ちになります。実際に、英語で「ベイビィ ブルー アイ」と言うと、純粋無垢、という意味だそうです。黒目の部分ではなく、白目の部分も多少、ブルーがかった白のほうがより白っぽい白に感じますものね。それは、歯も同じですよね。

大いなる計画の源へ戻る、という意味からでしょうか、人や動物が亡くなろうとするとき、このサファイヤブルーの香りをかがせてあげると非常に安らかに旅立つことができる、と言われています。私は実際に、20年飼っていた猫の花奴が老衰で倒れたとき、この香りを顔の前で嗅がせてあげました。それでもよほど私のことが心配でまだこの世に未練があったのでしょうね・・・それから何日かは生きましたけれど。でも私は花奴がサファイヤブルーの球体に包まれていることを確信できました。だって、安らかそうでしたもの。

人体では、ブルーは、喉のあたりに対応しています。喉は声を発し、人とコミュニケーションをとる大事な場所。ですからブルーにはもうひとつ、「コミュニケーション」という大きな意味があります。これから人前で話さなくてはいけない、上手に話せるだろうか、などとドキドキするようなシチュエーションのときには、サファイヤブルーをかぐと良いでしょう。

今年はちょっと気象が異常なのか、今頃になって花粉症のような症状が出てきている人が結構いらっしゃるのですけど(私もそうです)、この前ちーちゃんに会ったら、そのせいで喉が痛くて、咳が出て大変だ~と言って、「喉と言えば、ブルーだから」とサファイヤブルー、ロイヤルブルー、ターコイズの3種類のブルーのポマンダーをすべて持ち歩き、全部を混ぜて、匂いをかいでいました。あ、そうなんです。申し遅れましたが、ポマンダーは、混ぜて使ってもいいんですよ。邪魔しあいません。効果も薄れません。

不思議なことに単独のポマンダーでは、この香り、あんまり好きじゃない、って場合でも混ぜると途端に大好きになる香りもあります。どの香りとどの香りをミックスすると何が起こるか・・それはその人にだけしかわからないので、いろいろと試してみるのも面白いですね。Jynちゃんは、エメラルドグリーンとオリーブグリーンを混ぜて使うと、なぜかしら遠く子ども時代を思い出し懐かしい気持ちになると、言っていました。「イグサみたいな香りになるからかな」と言っていたので、私も試してみましたが、私はその香りをイグサみたいとも感じなければ、懐かしいとも思いませんでした。不思議ですね~どんな香りが自分のしまいこんでいた記憶を呼び覚ますことになるのか・・

ブルーという色の波動をもう少し記しておきましょう。ブルーが助長するものとしては、精神的なリラックス、冷却、静謐、スピリチュアルな目覚め、静寂、忍耐、平穏、慰め、平和、休息、満足などです。

そして逆に悪化させるものとしては、風邪、麻痺、高血圧、筋肉痙攣、リューマチ、関節炎です。

癒すものとしては、やけど、かゆみ、過活動、不快感、切り傷、騒々しさ、過剰な興奮、妨害、あざ、発熱、過剰な刺激、心配、虫さされ、炎症、いらいら、不安、怒りです。

よく知られている効用としては、精神病院で暴力的で攻撃的な患者を青い部屋に入れるか、青い光で治療するとすぐに落ち着きを取り戻す、ということです。

最近では、街灯の色をブルーにすることによって犯罪が減った、という実験データがありますよね。「なんだってやってやれ!」と自暴自棄になっていた気持ちを沈静化させる働きがあるからでしょう。しかし、これから梅雨の時期に入るので、陰鬱な雨空を見上げながらサファイヤブルーをかぐとより「ブルーな気持ち」になってしまうかもしれませんので、これからの時期は日常的にブルーは多用しないほうがいいかもしれません。

この記事を読んで、サファイヤブルーのポマンダーが使ってみたくなった人は、是非「オーラソーマヒーリングサロン 些々羅」までご一報ください。1本 \3800(税込み\3990)です。お問い合わせ・ご注文は、chakra@aura-soma.name (メールソフトが起動します)まで。 全国どこへでも1本から無料配送。

↑⇑ Topへ戻る